久保優太 Kubo7は投資詐欺なのか?怪しい副業の実態と実践者の声を徹底調査!

Kubo7 投資
Kubo7

あなたは今、久保優太のKubo7 が本当に稼げるのかを知りたいのではないだろうか?

また、Kubo7に潜むリスクは何なのかを調べようとしているのではないだろうか?

答えを言うと、大きく稼げる可能性は低いといえます。

今回はその理由について解説したいと思います。

新たなビジネスを始める前に、是非参考にしていただければ嬉しく思います。

Kubo7の特定商取引法に基づく表記

販売者合同会社プラスアルファ企画
運営統括責任者名淺村 貢
所在地〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-23-4-2
電話番号記載なし
Eメールアドレスinfo@kubo7official.com

免責事項

当サイトは、当サイト内で掲載された情報について十分に注意・確認をした上で掲載していますが、コンテンツ等の内容が正確であるかどうか、また最新のものであるかどうかは保証していません。
内容によっては情報が古い、あるいは間違っている等の可能性がございます。
また、当ブログの利用によって発生した何らかのトラブルや不利益等については一切の責任を負いかねることをご了承の上ご覧くださいますようお願いいたします。

Kubo7の内容とは?

Kubo7の内容は、一日15分の作業で稼げると謳われる内容です。

しかしながら最終的には、なぜ稼げるかの理由はわからず、以下の登録を促されてしまいます。

・特定の人物、アカウントへのライン友達追加

この内容の問題点について説明いたします。

Kubo7の問題点とは?

※この記事は、決して批判を行う目的の記事というわけではなく、あくまで私が得た情報をもとに、疑問点や所感を述べるものです。

Kubo7とは、投資収益を上げるビジネスモデルですが、以下のリスクがあります。

自動売買を行うツールを含めたロジックに関して、一定のルールに従い、その通りに取引させることで一時的な収益は上げることは十分に可能だと思います。

しかしながら、前提として、株価や為替を決めている根本的な要因は、AIでもツールでもなく、人間心理であることを理解する必要があり、絶対に稼げるようになるという事はありません。

例えば毎日1万円程度投資で利益を得るためには、数百万円の余剰資金が必要です。そのような資金をあなたは今持っているのでしょうか。

※投資の神様、ウォーレン・バフェット氏でさえも、投資における運用利回りは月利1.75%前後、それを複利で運用し年間で21%ほどであるということを覚えておきましょう。

Kubo7の実践者の声

優良商材に関しては、稼げたという実践者の声や口コミがあります。今回の商材で稼げたという声は確認できませんでした。

Kubo7の評価・まとめ

このことから当商材は、上記のリスクが考えられるため、決しておすすめできるものではありません。

私の思い

プロフィール欄でも記載した通り、ビジネスを初めた当初は様々な情報を調べ、非常に多くの試行錯誤を重ね、大変な思いをしてきました。

だからこそ、あなたにもわかりやすく、インターネットを用いたビジネスに関し、私なりの考えをお伝えしていきたいと思っております。

Shinのおすすめ副業について

ご覧になっていただきありがとうございます。

Shinのおすすめ副業を知りたい方についてお問い合わせを承っております。

以下の ”Shinへのお問い合わせ" フォームからご連絡下さい。

24時間以内を目安に回答させていただきますので、楽しみにお待ちください。

資金も時間もかけずに簡単に稼げる方法(1日数分でスマホだけで簡単かつ確実に誰でも稼げる方法が数万円で手に入ります、と謳われるようなもの)は世の中には存在しません。

しかしながら、初期費用はかかりますが、初心者でも稼げるようになる希少な副業ビジネスならば紹介することはできます。

将来に向け一歩を踏み出そうと悩んでいる読者様からのご連絡をお待ちしております。

※もしあなたが、今取り組んでいる、もしくは取り組もうとしている副業に不安があったり、初心者でも十分なサポートが得られる副業やビジネスは何なのかを調べようとしている場合も、ご連絡いただければと思います。


※よくある質問と注意事項
Q 確実に、堅実に、難しくなく、数万円でいいので初心者でも稼げる方法を教えてください。
A アルバイトが確実なのでアルバイトしたほうがいいと思います。


Q 知識もスキルも初期費用もないのですが稼げる方法を教えてください。
A そんな方法はないです。


Q どのような内容になるのでしょうか?
A 稼いでいる人から稼ぎ方を教わり実践します。かかる費用は初期費用のみです。

投資
手を出してはいけないビジネスをあなたに伝えるブログ
タイトルとURLをコピーしました