AI銘柄自動選定システム(Hitomi -AI-)はどんな内容?株式会社NOAH(黒石一平)はどんな会社?副業の実態や実践者の声、口コミや評判を調査しました

AI銘柄自動選定システム(Hitomi -AI-) ギャンブル
AI銘柄自動選定システム(Hitomi -AI-)

あなたは今、株式会社NOAH(黒石一平)のAI銘柄自動選定システム(Hitomi -AI-)に興味を持ち、本当に稼げるのかを知りたいのではないだろうか?

また、AI銘柄自動選定システム(Hitomi -AI-)に潜むリスクは何なのかを調べようとしているのではないだろうか?

答えを言うと、確実に資金を運用し、それを継続させることは極めて難しいと考えて差し支えありません。

今回はその理由について解説したいと思います。

新たなビジネスを始める前に、是非参考にしていただければ嬉しく思います。

免責事項

当サイトは、当サイト内で掲載された情報について十分に注意・確認をした上で掲載していますが、コンテンツ等の内容が正確であるかどうか、また最新のものであるかどうかは保証していません。
内容によっては情報が古い、あるいは間違っている等の可能性がございます。
また、当ブログの利用によって発生した何らかのトラブルや不利益等については一切の責任を負いかねることをご了承の上ご覧くださいますようお願いいたします。

特定商取引法に基づく表記

販売者株式会社NOAH
運営統括責任者名黒石一平
所在地東京都港区南青山3-5-2 南青山第一韮澤ビル3階
電話番号0120-301-853
Eメールアドレスinfo@tradeai-hitomi.jp

どの程度実績がある会社なのかわかりませんでした。

免責事項

当サイトは、当サイト内で掲載された情報について十分に注意・確認をした上で掲載していますが、コンテンツ等の内容が正確であるかどうか、また最新のものであるかどうかは保証していません。
内容によっては情報が古い、あるいは間違っている等の可能性がございます。
また、当ブログの利用によって発生した何らかのトラブルや不利益等については一切の責任を負いかねることをご了承の上ご覧くださいますようお願いいたします。

AI銘柄自動選定システム(Hitomi -AI-)の内容とは?

内容は、AIが投資銘柄を教えてくれると謳われる内容です。

しかしながら最終的には、なぜ稼げるかの理由はわからず、以下の登録を促されてしまいます。

・特定のラインアカウントへの誘導

この内容の問題点について説明いたします。

AI銘柄自動選定システム(Hitomi -AI-)の問題点とは?

※この記事は、決して批判を行う目的の記事というわけではなく、あくまで私が得た情報をもとに、疑問点や所感を述べるものです。

AI銘柄自動選定システム(Hitomi -AI-)とは、AIによる株式選定で収益を上げるビジネスモデルと説明されますが、よくわかりません。

そもそもF投資をツールに一任して運用することについては、勝ち続けるための根拠が非常に薄く、途中までは勝っていてもなぜか最終的には負けてしまいます。

さらに投資は本来、世界の大手金融機関が、年間で数百億もの予算を確保し必ず勝つために動いている市場です。
そんなプロ中のプロでも運用が難しいのに、実態のよくわからないよくわからない事業者がすすめている、簡単に勝ち続けることができると謳われるAIシステムが容易に入手できることはないと考えてよいと思います。

ではなぜそのような表現を今回はしているのでしょうか?

実績も乏しく、十分な期間のテスト運用も行っていないと考えられる、ギャンブル性が高い取引で高い勝率を実現できるのかということです。

つまり、簡単に稼げると謳って高額のサポート料金を販売したいだけの内容であり、高額のサポート費用を払っても見合った成果が得られず結局稼げないそのような結末になるケースがほとんどです。

月利200%の実現とは?

例えば、毎月200%の運用を実現したとして、それを12か月間継続した場合元本はどれだけ増えるのでしょうか?

例えば10万円から始めたとします。

2か月目は20万円、3か月目は40万円、4か月目は80万円、5ヶ月目は160万円、6ヶ月目は320万円、7ヶ月目は640万円、8ヶ月目は1,280万円、9ヶ月目は2,560万円、10ヶ月目は5,120万円、11ヶ月目は10,240万円、12ヶ月目は20,480万円、

つまり1年で10万円が2億円に増えてしまうという内容なのです。

これが本当に実現可能と思ってしまったあなたは、ぜひ一度為替や株式、資産運用について勉強することをお勧めします。もしおすすめの本を知りたい等があればお問い合わせ下さい。

投資について

そもそも投資ツールは本来、世界の大手金融機関が、年間で数百億もの予算を確保し必ず勝つために動いている市場です。

1990年代、毎秒何先回とエントリーし売買できるツールをベースにウォール街では資産運用を行っていたようです。そのようなツールですら、市場の急激な変動があった際は損失を出してしまっています。

そんなプロ中のプロでも運用が難しいのに、簡単に勝ち続けることができると謳われるロジック、ツールが一般の方が容易に入手できることはないと考えてよいと思います。

もしそんなロジックやツールがあるならば、大手の証券会社がそのロジックをベースに取引をし他社とは異なる運用実績を上げることができることになり、自社からそのロジックを公開することはないから、です。

初心者でも少ない資金を倍々にして100万円にできる、

そういったTwitterやインスタばかりですから、それをみて私でもできる、と思われる方がいるのだとは思いますが、

特に短期売買で利益を出すというのは、 プロ中のプロでも極めて難易度が高いものです。

今は各国の政策金利は変動が激しいです。 米国は大統領選を控えています。

そういった状況の際には大きく株価や為替が動きますが、その場合には過去の値動きをベースにしたトレードロジックは全く役に立ちません。

為替はツールやロジックで動くのではなくて、 その時々の状況による多数の人々の動向、多数決により決まります。

未来に起こる出来事をコントロールすることはできませんし、その起こる出来事に対する人々の反応をコントロールすることももちろんできません。

間違っても10万円しか資金がないのに、それを来月に20万円にしたい、なんて思わないことです。

できて数千円増えるくらいです。

時間をかけてあれこれして数千円しか増えないなら、バイトした方がいいと思います。

100万円程度資金ができたなら、できることはもっと多くなると思います。

AI銘柄自動選定システム(Hitomi -AI-)の実践者の声

一般の方と思われる人で実際に稼げたという口コミは私では確認できませんでした。

AI銘柄自動選定システム(Hitomi -AI-)の評価・まとめ

このことからAI銘柄自動選定システム(Hitomi -AI-)は私ならば取り組むことはありません。

私の思い

プロフィール欄でも記載した通り、ビジネスを初めた当初は様々な情報を調べ、非常に多くの試行錯誤を重ね、大変な思いをしてきました。

だからこそ、あなたにもわかりやすく、インターネットを用いたビジネスに関し、私なりの考えをお伝えしていきたいと思っております。

また上記の内容があなたの今後のビジネスの役に立つことを心から願っております。

本日もご覧になっていただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました